• ホーム
  • ペットと暮らすなら清潔感は常に意識して!

ペットと暮らすなら清潔感は常に意識して!

可愛い犬

ペットの病気を未然に防ぐためには、ペットだけではなく飼い主も綺麗な身体で生活をすることが大切です。これは、ペットと接触する前後で変わりません。例えば、犬や猫は身体が汚れてしまうとそれだけで雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。ノミやダニは特に好んでこういったときに寄生を始めますので、未然に清潔感を保つためにウェットティシュやシャンプーを利用することが賢明だといえます。

ウェットティッシュに関しては、人間が利用しているものではなくペット専用の製品が存在しますのでそちらを利用するように注意をしなくてはいけません。元々、ウェットティッシュには除菌を行うための成分が含まれていますので、簡易的に身体をケアすることに向いています。人間とペットでは除菌に伴う成分が違いますので、必ずペット専用のものを使うことが大切です。例えば、人間が利用するものとは違ってアルコールフリーの製品なども提供されています。

また、シャンプーを行うときにも注意が必要です。身体的なケアや清潔感を保つためにはシャンプーが大切ですが、特に年老いたペットに対して長時間のシャンプーを行うと体力の低下に繋がって逆効果になることもあります。具体的には、シャンプーは月に1回程度行えば十分です。

同様に、身体の汚れをとるつもりで力強く洗うとケガをしてしまうこともありますし、何よりも傷がついた状態でシャンプーを行うとそこから感染症などの病気を発症してしまう可能性も否定できません。犬や猫は人間とは身体的な構造が違いますので、同じように考えずに慎重に行動を起こすことが重要です。

さらに、ブラッシングもペットにとっては重要です。ブラッシングを行うと、皮膚表面や体毛に付着している雑菌やダニなどを取り除くことができます。汚くなっている体毛をケアすることもできますので、そこから二次感染を引き起こすリスクも低くなってとても便利です。

人間側が病気にならないようにするためにも、積極的な除菌と殺菌は重要です。例えば、ペットに一度触れた場合には必ず殺菌力の強い洗剤で手を洗うようにしておく必要があります。犬や猫に存在する病原菌は、人間の目では非常に見えづらいので手に病原菌が付着していても気が付かないことが大半です。ダニやノミですら、小さいと目視が難しくなります。ですから、人間への感染を防ぐ意味でも散歩をしたり一緒に遊んだような場合には必ず人間側も殺菌や消毒をすることです。